スキップして本文へ

チャイルドシート及び福祉車両(車いす同乗カー等)、福祉機器の無料貸出を行っておりますので、是非ご活用下さい。

※防府市内在住の方に限ります。

チャイルドシート
貸出状況
福祉車両
福祉機器
福祉体験器材
サロン用器材
  • ホーム
  • 福祉車両(車いす同乗カー等)の貸出

福祉車両(車いす同乗カー等)の貸出

貸付対象者

  1. 防府市内在住者で日常生活を営むうえで必要な手段が、公共交通機関や普通乗用車ではなじまない方とします。
  2. 福祉車両の運転者は、原則として利用対象者の保護者があたるものとします。
    但し、当該保護者により運転ができない事情にある場合は、その利用の便宜を図るため運転ボランティアとして登録された方に運転の依頼をすることができます。

利用範囲

  1. 病院、福祉施設等への送迎
  2. 買い物、レクリエーション、リフレッシュ等社会活動への参加
  3. その他、防府市社会福祉協議会会長が必要と認めた場合

車種・乗車人員

  1. マツダ デミオ(3人)……1台
  2. マツダ MPV(7人)……1台
  3. トヨタ ラクティス(4人)……1台

MPV

デミオ

ラクティス

利用申請

福祉車両を利用しようとする方は、あらかじめ運転者を定め、福祉車両利用予定日の10日前(最大1ヶ月前)までに利用申請書(様式第1号)を提出し、防府市社会福祉協議会会長の許可を受ける必要があります。

福祉車両利用申請書(PDF)

利用決定等

  1. 利用申請があった場合、防府市社会福祉協議会長はその内容を確認・審査のうえ、利用決定通知書により、利用申請した方に通知するものとします。
  2. 福祉車両の利用決定を受けた後において、利用申請内容に虚偽の事実或いは以下に定める利用条件を遵守していないことが判明したときは、既に決定した福祉車両の利用の取り消し或いは再度の利用を拒否をすることがあります。 

利用条件

 福祉車両の利用決定を受けた方(利用者)は、以下の条件を遵守する必要があります。

  1. 福祉車両を転貸若しくは目的外使用をしないこと。
  2. 福祉車両の運行前後の安全点検を行うこと。
  3. 車いす固定装置の操作に万全の注意を払うこと。
  4. 交通安全関係法令を遵守すること。
  5. 福祉車両の利用を終了したときは、運行日誌に必要事項を記載するとともに、車両の清掃を行うこと。
  6. その他、福祉車両は善管注意義務の下に管理し、使用すること。

利用期間等

  1. 1日(午前8時30分から午後5時まで)を限度とします。なお、午後5時までには防府市社会福祉協議会へ返納し、運行日誌の記入及び車内清掃を終了しておく必要があります。
    (但し、防府市社会福祉協議会会長が特に必要と認めたときは、2日を限度として継続利用ができます。)
  2. 同一利用者による1ヶ月間の利用回数は、4回以内とします。
  3. 防府市社会福祉協議会の閉庁日の内、12月29日から翌年1月3日までは、利用期間から除くものとします。
  4. 土曜日、日曜日及び祝祭日(以下「休日」とします。)の利用期間につきましては、第1項の規定に関わらず、当該休日の前日の午後5時から休日の翌日の午前8時30分までとします。

利用料

無料とします。
(但し、運行にかかる必要経費(有料道路通行料金、有料駐車場利用料金及び燃料費など)は、利用者の負担とします。)

事故及び損害賠償責任

  1. 利用者は福祉車両にかかわる事故が発生した場合、搭乗者相互に連係し、人命尊重の立場に立った必要な措置を速やかに行うとともに、防府市社会福祉協議会会長に直ちに報告し、その処理の指示を受ける必要があります。
  2. 福祉車両にかかわる事故により発生した損害賠償については、利用者において対処するものとします。この場合において当該福祉車両が加入している任意保険を使用する場合は、あらかじめ防府市社会福祉協議会会長と協議のうえ許可を得なければなりません。
  3. 前項の規定により福祉車両が加入している任意保険の使用が許可された場合であっても、損害賠償等の額が当該保険による補償を超えるときは、その超える部分については、利用者の責任において補填等の処理をしなければなりません。なお、事故の原因等により福祉車両が加入している保険の適用がされない場合にあっては、利用者により損害賠償等の責任を負わなければなりません。
  4. 事故の原因が利用者に重大な過失であると認められる場合には、防府市社会福祉協議会会長が利用者に対し損害賠償を求めることがあります。

福祉車両の減失・損傷等

利用者は、福祉車両を減失し又は損傷等(以下、「損傷等」とします。)させたときは、「事故及び損害賠償責任」の規定における「事故」を「損傷等」と読み替えて準用するものします。 

運転ボランティア

 運転ボランティアとは以下の全ての要件を満たす方とします。

  1. 70歳未満の健常者であること。
  2. 運転実務経験10年以上有すること。
  3. 運転免許要件が優良免許者であること。