• ホーム
  • ふれあい・いきいきサロンへ行ってみよう

ひろげよう!ふれあい・いきいきサロン
みんなで楽しく交流できる地域の縁側を目指して…

ふれあい・いきいきサロンってなぁに?

  高齢者や障害者、子育て中の親子だけではなく、地域の誰もが、楽しく、気軽に参加できる「地域の居場所」です。
  歩いて行ける身近な場所で、昼食や喫茶をしながらレクリエーションやゲーム、健康体操、おしゃべりなどを自由に無理なく楽しめるところです。

イメージ

ありがとうの会

イメージ

福寿草の会

イメージ

一品会

イメージ

桑松会

なぜ「ふれあい・いきいきサロン」なの?

  サロン活動は、主に高齢者や障害者の閉じこもり、ひきこもりの防止が目的ですが、地域の人々が自由に集まって、自由な発想で企画・運営する「地域の居場所」「福祉コミュニティづくり」です。地域に暮らす人々が、それぞれの特色を生かして「ふれあい・いきいきサロン」に参加して、ふれあい、交流すれば、みんな"いきいき"と元気になります。福祉の輪が地域全体に広がって、地域での「支え合い」「助け合い」の活動へとつながっていきます。

ふれあい・いきいきサロン」でこんな変化が…

  • 「健康に気をつけるようになった」「生きがいや仲間づくりができた」「お互い誘い合って出かけるようになった」「話すことが楽しくなった」「あいさつや立ち話をするようになった」、また「一人きりで家にいる時間が少なくなったことで防災・防犯対策にもなる」など、ふれあいを通じて顔見知りが増え、地域の中で住民同士のコミュニケーションが増えます。
  • 地域の福祉やボランティア活動に対する意識が高まり、地域全体の福祉力も高まります。
  • 異世代交流・地域交流の拠点となります。
  • 生活に役立つ情報発信や情報交換の場となります。
    《日常生活に欠かせない情報や見逃してしまいがちな情報、また同じ課題や悩みを抱えるもの同士が交流できる場があることで、心身のリフレッシュにつながります。》

ふれあい・いきいきサロン」をはじめるきっかけは…

 ある会合での話です。

「ここの班も高齢の方が増えてきたねー。ひとり暮らしの方も多いと思わない?○○さん、最近見かけないけど元気かしら。そーいえばそうね。大丈夫かしら…?」

「○○さんが、元気でちょっと出かけられる何かいい方法はないかしら?」

 そんな話のなかで、「地域のなかで、気がねなく集まるところがあったらいいかもね。」ということに…。

ふれあい・いきいきサロン」はじめるには…

 「何とかしなきゃ」と感じている方々や自治会福祉部の方々(自治会長、民生委員、児童委員、福祉員、友愛訪問グループ員)などで、今、防府市社会福祉協議会が進めている「ふれあい・いきいきサロンの設置」について、「ねぇ。これって、おもしろそーじゃない?ここでもやってみよーよ」…と。
 これはもう、みごとにサロンの誕生です!

「でも、一体どうやってするの?」

そんなときは、ぜひ防府市社会福祉協議会にご相談ください。
サロン設置のノウハウをお教えします。

ここでポイント紹介!

参加者は 気軽に集まれるよう参加者はいつでも自由
(例)高齢者、障がい者、子育て中の親、子どもなど
担い手は 民生委員・児童委員、福祉員、友愛訪問グループ員訪問、母子保健推進委員、ボランティアなど
人数は 約20人程度
場所は 歩いていける範囲で集まりやすいところ
(例)自治会館、公民館、民家、お寺、神社、空き店舗の活用など
回数は 年4回以上
費用は 原則として参加費少額負担
活動内容は 運営の担い手と参加者が一緒になって、活動内容を限定せずに楽しく過ごせる活動
(例)茶話会、会食、講話、健康体操、健康チェック、歌、レクリエーションなど

参加者の募集は…チラシ、回覧などで呼びかけましょう。

サロンの開催日は…サロンのぼり旗を外に立ててPRしましょう。(防府市社会福祉協議会でお渡ししています)

サロン名や内容は…みんなで考えて決めましょう。


 「サロンをはじめたいんだけど…」
 「サロンがよくわからないんだけど…」
 「活動内容のアイデアが浮かばないのだけど…」

そんな時はお気軽にご相談ください!

防府市内のふれあい・いきいきサロン

防府市内ふれあい・いきいきサロン一覧(PDF)