• ホーム
  • 日常生活が不安:地域福祉権利擁護事業

地域福祉権利擁護事業

地域福祉権利擁護事業とは

 現在の福祉サービスは、自分でサービスを選び、契約をし、利用することが基本です。
 福祉サービスを上手に利用できないことから身の回りのことが十分できておらず、日常生活に必要なお金の管理に不安を抱えている人々が増えてきています。
 このような不安をなくし誰もが地域で安心して暮らせるよう、防府市社会福祉協議会が利用者との契約に基づき支援する福祉サービスが地域福祉権利擁護事業です。

たとえば、こんなことでお困りではないですか?

  • 福祉サービスを使いたいがどうすればいいかわからない。
  • 一人で選んだり決めたりすることに不安がある。
  • 商品を勧められると断りきれず、つい、いらないものを買ってしまう。
  • 毎日の暮らしに必要なお金の管理に不安がある。
  • 知らないうちに預貯金が引き出され、年金が使われている。
  • 通帳や年金証書をどこにしまったか忘れてしまう。

防府市社会福祉協議会でお手伝いができること(サービス内容)

1.福祉サービス利用援助

  • 福祉サービスの利用または利用を辞めるために必要なことを一緒に考えながら手続きをします。
  • 福祉サービスに関する苦情をお受けし、解決のための手続きをします。
  • 郵便物等を一緒に確認し、整理や手続きのお手伝いを行います。
  • 悪質訪問販売等の消費トラブルなどへの対応を一緒に考えます 。

2.日常的金銭管理サービス

  • 福祉サービスの利用料を支払う手続きをします。
  • 医療費・税金・公共料金・家賃・日用品等の代金を、支払う手続きをします。
  • 年金や福祉手当をもらうために必要な手続きをします。
  • 上記の支払いにともなう預金の払い戻し・預金の預け入れ等の手続きをします。

3.書類等預かりサービス

  • 大切な書類や印鑑を安全な場所でお預かりします。

【お預かりできる物】

  1. 年金証書
  2. 預貯金通帳
  3. 保険証書
  4. 不動産権利証書
  5. 契約書
  6. 実印
  7. 銀行印
  8. その他、社会福祉協議会が適当と認めた書類

利用対象者

軽度の認知症高齢者・知的障害者・精神障害者など日常生活上の判断が十分できない方々で日常生活に不安がある方々

利用料金

  • 相談は無料です。
  • 1,870円=1単位(30分以上1時間未満)
    ※重要書類の預かりサービスは貸金庫の使用料が別途必要になります。

サービス利用までの流れ

初期相談 防府市社会福祉協議会にご相談ください。
訪問調査・事業説明 専門員や推進員がお宅を訪問して困りごとなどをお聞きします。
ガイドライン判定 利用対象者の判断能力がどの程度あるかを調べます。
契約締結審査 契約締結審査会で地域福祉権利擁護事業利用が適切かどうか十分に検討されます。
支援計画作成 困りごとを一緒に考え、専門員が本人の希望に添った支援計画をつくります。
契約 契約の内容に間違いなければ、本人と防府市社会福祉協議会とが契約します。
援助開始 支援計画に基づいて、生活支援員がお手伝いします。

※本人の利用意思が確認できない場合や、契約能力がない場合等で地域福祉権利擁護事業が利用できないことがあれば、他機関への橋渡しや他制度等の紹介をさせていただきます。

私たちがお手伝いします

  • 専門員・・・
    市町社会福祉協議会に配置されています。相談受付、訪問調査、契約書・支援計画の作成、契約締結、支援計画の見直しなどを行います。
  • 推進員・・・
    市町社会福祉協議会に配置されています。相談受付、専門員との同行訪問、専門員と生活支援員との連絡調整、利用された方の見守り等を行います。
  • 生活支援員・・・
    市町社会福祉協議会に配置されています。専門員が作成した「支援計画」に基づいて利用された方のお宅に訪問して、相談・助言や預貯金の払戻しなどを行います。

地域福祉権利擁護事業ではできないこと

  • 商品購入契約や施設の入所契約及び解約
  • 財産の処分など重要な法律行為
    ※本事業の契約ができないほど判断能力が低下された場合もご利用できません。
    ↓
    『成年後見制度』等の利用が必要

まずはお気軽にお問合せ下さい。

防府市社会福祉協議会(生活支援係) TEL.(0835)25-1355

よくある質問

Q.家族と同居している人も利用できますか?
A.契約は個人と社会福祉協議会とでの契約になりますので、同居している人がいても利用ができます。
Q.施設入所中でも利用ができますか?
A.在宅生活、施設入所、病院入院等、どのような生活形態の方でもご利用いただけます。
Q.相談をするときには利用料はかかるのですか?
A.相談は無料です。気になることがあれば、お気軽に防府市社会福祉協議会にお問い合わせください。
Q.防府市外の人は利用できますか?
A.原則、防府市内在住の方を対象に支援をするサービスです。山口県内の全市町社会福祉協議会が窓口となっておりますので、お住まいの市町社会福祉協議会にお問い合わせください。
Q.福祉サービスの利用方法が不安な場合は手伝ってもらえますか?
A.手続きに同席し、手続き方法等わかりやすく説明をします。
Q.日常的金銭管理サービスのみの利用はできますか?
A.サービス内容のうち利用者の方に必要なサービスを組み合わせて利用することができます。
Q.いらない商品を購入してしまいました。商品の返品手続きを代わりにしてもらえるのですか?
A.商品購入・返品手続は契約行為となりますので、社会福祉協議会では代行ができません。相談のうえで返品方法を紹介したり、他機関への橋渡しをいたします。
Q.途中でやめたくなった場合は解約できるのですか?
A.地域福祉権利擁護事業は利用者の方の意思に基づき支援する福祉サービスです。利用者の方から解約について相談を受けた場合は、利用者の方の安全性を確かめた上でいつでも解約することができます。
Q.施設入所や病院への入院時に身元保証人にはなってもらえるのですか?
A.身元保証人になることはできません。
Q.認知症が進行し、意思能力が著しく低下した場合はどうしたらよいのですか?
A.他制度の利用を検討し、他機関への橋渡しや他制度等の紹介をさせていただきます。