• ホーム
  • 防府市社会福祉協議会とは

防府市社会福祉協議会とは

概要

 防府市社会福祉協議会では、防府市民の「誰もが安心して明るく楽しく暮らしていけるまちづくり」をすすめます。

防府市社会福祉協議会とは

  1. 地域の住民組織と公私の社会福祉事業関係者等で構成されています。
  2. 住民主体を理念に、地域の福祉問題の解決に取り組み、誰もが安心して暮らすことのできる地域福祉の実現を目指します。
  3. 住民の社会福祉活動を組織化し、社会福祉を目的とする事業の連絡調整や企画をおこないます。
  4. 市、県、指定都市、全国を結ぶ公共性と自主性をもつ民間の団体です。

お問い合わせ・アクセス

事業紹介

社協は地域福祉活動(地域の輪づくり運動)をすすめます

地域福祉活動推進事業

 「困ったときにお互いが助けあえる組織を地域につくろう!」(地域の輪づくり運動)を合いことばに、保健・医療・福祉の関係者やさまざまな機関・団体が力をあわせて地域の福祉問題を解決していきます。

イメージ
新任福祉員研修会

イメージ
市総合社会福祉大会

在宅福祉事業

 「住み慣れた地域で、安心して豊かな気持ちで暮らし続けたい」という願いを叶えるべく、高齢であっても障害があっても地域社会の中で触れ合い自立した生活が送れるよう、次の様な事業を展開します。

イメージ
福祉車両

老人福祉事業

イメージ
市いきいきシルバー ふれあいスポーツ大会

イメージ
市いきいきシルバーの集い

障害者福祉事業

イメージ
「障害者週間」啓発セミナー

イメージ
市障害者スポーツ大会

児童・青少年・母子寡婦福祉事業

 少子化が急速に進行しているなか、赤ちゃんの健やかな成長を願い、また次代を担う児童・青少年の健全育成を支援します。

イメージ
「赤ちゃん文庫」事業

貸付事業

小口福祉資金貸付事業

防府市にお住まいの低所得世帯の方に一時的に必要となった資金の貸付を行う事業です。
貸付に際しては連帯保証人が必要となります。

生活福祉資金貸付制度

低所得者や高齢者、障害者世帯に対し各種貸付を行うことで、世帯の自立を目指す制度です。必要な資金種別や状況によって以下の種類があります。

・総合支援資金
・教育支援資金
・福祉資金
・不動産担保型生活資金

介護サービス費(福祉機器購入費、住宅改修費)立替事業

低所得の介護保険被保険者の方が介護保険サービスの福祉機器購入や住宅改修をされる費用のうち、自己負担額を除いた額を立て替える事業です。

 それぞれ所得制度や連帯保証人などの条件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

ボランティアセンター事業

 多くの方から関心が寄せられているボランティア!ボランティアは自分の意志で自発的に行う社会参加活動です。防府市社会福祉協議会ではボランティアに関するさまざまな情報を提供するとともに、普及・啓発・教育のための講座や研修会を開催して、市民参加型福祉社会の基礎を築いていきます。

イメージ

イメージ
ボランティアコーナー

防府市総合社会福祉大会の開催

 福祉関係6団体(市、市社会福祉協議会、市社会福祉事業団、市老人クラブ連合会、市障害福祉団体連合会、市民生委員児童委員協議会)の主催により、永年にわたり社会福祉に大きく貢献された方々への表彰式や記念講演をおこないます。

赤い羽根共同募金事業

 10月1日から12月31日まで「地域の福祉みんなで参加」をスローガンに、全国一斉に共同募金運動が実施されます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

イメージ